2010年03月28日

セックス アピールについて

 人はどんなセックスアピールをしているだろうか。

 動物には繁殖期がある。

 人間にはない。


 季節によって最も産卵、出産の優位性がないため。

 性行為による官能を得た動物。


 したい、とゆう気持ちを相手につたえる行為がセックスアピールになる。
 
 9割以上の人が言葉でではなく、行動で行為をうながしている。

 既婚未婚、男女問わずです。

 この行動は男性より女性のほうが行うことが多い。

 男性の場合、直接行動におよぶ場合も多くアピールをはぶくからだ。

 女性の場合、男性をセックスへと導くアクションをとる。

 なぜなら、まず恥ずかしさ、テレとゆう気持ちの面もあるが行為は男性上位の

 場合が多く、動いてもらわなくてはならない。だから、相手を興奮させるような

 モーションをあたえセックスへと導く必要がある。言葉では効果が小さい。

 より良く導くにはモーションの方が良いのだ。

 
 人はどんなモーションをしているのだろうか。

 1.ボディタッチをする

 2.顔を近づける

 3.唇を舐める

 女性の場合の多くはこうゆう結果だった。

  
 ボディタッチはそっとふれるくらいでさわり、男性の肌から直接刺激をあたえる。

 顔を近づける、は通常、人は顔に近付かれる事を嫌うが男性は女性に対しては許すようになっている。

 逆に、女性は好きな男性のみにそれを許す。

 これは、多くの子孫を残そうとする男性と、良い子孫を残そうとする女性との違いだろう。

 キスを求めることにつながる。

 唇を舐めるは、昔の映画の女優が色気をあらわすときにこうゆうシーンを使っていた。

 そのイメージが浸透してと言う人もいるが、そうではない。

 単に、女性器、フェラを無意識に連想させている。


 けっしてアピールが強すぎないようにするのがコツで強すぎると逆効果になることがわかる。 
 
 恋愛、夫婦生活を円滑にする効果は大きくもっと研究されてもよい項目だ。

 
posted by ichi at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。