2009年12月13日

リベロとゆうポジションはなくなったのか?





 サッカーのポジション”リベロ” 

リベロとゆうポジションは通常キーパーを除き最後尾である。
リベロとゆう言葉の意味は、”自由な人”。
”スイーパー”と大きな意味では同じ、言葉の意味は”掃除屋さん”といったところ。
リベロもスイーパーも最後尾でオフサイドラインを統制したり、いつも1人あまっておいてカバーリングを主に担当する。
 この二つの違いといえば、スイーパーは最後尾とゆう位置に縛られた感じで、リベロは一応それがない。
 通常はリベロと言えばスイーパー、スイーパーと言えばリベロとあまり区別しない。

 リベロと言えば”フランコ・バレージ”とゆう選手がいた。なんとすごい選手で、常にシュートコースに入っていてオフサイドを取りにいくのも上手い! このポジションでは史上最高だと言っていい。
 このポジション、最近では見なくなった。なぜ採用されなくなったのだろうか?
 戦術的に消極的と言えばそうだが、どこも採用してるチームがない今使ってみるとかなりおもしろいのではないだろうか?
 ただし、リベロにふれていない選手が多いので戦術理解力の高い選手をリベロとすることと、ストッパー・サイドバックとの連携の確認がしてないと機能しない。
 いつもでなくとも、相手によって採用したり、試合の重要度(勝たなければならないのか・引き分けでよいのか)で使ってみてはどうだろう。
posted by ichi at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。