2009年12月12日

イチローについて





 イチローの記事を読んだ。ふと想う。イチローっていろんなこと言われてるなー。

 もちろん、非の打ちどころのない選手にちがいない。
想えばわたしの周りでは、イチローのことを良い悪いといろんなこといってる。 なんだろなー。新聞や雑誌でイチローの悪い事を書いた記事を見たことはない。 なのに嫌いだとか言う人もいる。

 何をとっても完璧ってとこが親近感を産まない感じか?
だとすれば、イチローは損してるのだろうか・・・?そんな訳がない!確かに、誰しも嫌われるより好かれたい、だが 次元が違いすぎる。
 人に好かれたいがためでなく、イチローは自分の目標、役割を果たすためのプレー・努力なのだ。 何を言われようが完全に無視だろう。
 
 きっと、成功体験が産む自信と明確な目標があるからぶれないのだと思う。

 なかなかああはなれない一般庶民。なぜなら、人の評判で人生を有利にも悪くもしてしまうからだ。 華やかな世界なら、周りがダメでも世間を見方につければいい。しかし、一般庶民なら世間を見方につけるのは困難で、周囲を味方にするのが先決だ。いくら間違ってても「はい」と合わせてしまったりする。上司の好き嫌いで左遷だってある。
 
 これを超えられないからイチローに近づけないんだろう。
posted by ichi at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。